自転車ダイエットのススメ

自転車ダイエットのススメ

厳しいカロリー制限や、毎日のジョギング、辛い筋トレは結局続かない。そんな方にお勧めしたいのが「自転車ダイエット」です。方法は簡単。自転車に30分〜1時間半乗るだけです。乗る自転車はどんなものでも構いません。

 

ママチャリだっていいのです。お子さんがいらっしゃる方は、お子さんを載せて走っても構いません。毎日のバス・電車通勤を自転車に変える、いつものスーパーへ少し遠回りして行く・・・。それだけで痩せられたら、素敵だと思いませんか?

 

なぜ自転車に乗るだけで痩せるのか

自転車に乗って、ペダルを漕ぐ。単純な運動ですが、その時使われる筋肉は当然下半身です。実は下半身には、全身の70%の筋肉が集まっているのです。特に太ももは大きな筋肉ですからこの部分を鍛えれば消費カロリーも多くなり、たるみないヒップラインを目指せます。

 

有酸素運動は脂肪を燃焼させるのに効率がいい運動です。数回に分けて1日の合計で30分程度の有酸素運動をすれば脂肪がどんどん燃やさせるはずですが、なかなかこの時間を続けるのは大変ですよね。

 

どんな有酸素運動をしようかと悩むよりも、息が上がらない程度の運動(有酸素運動)で多くの筋肉を使える自転車漕ぎはダイエットに有効なのです。

 

しかも、マラソンやジョギングと違って疲れず、続けやすいといわれています。10分×3回走るのはつらくても、自転車なら大乗そうでしょう?続けられるから痩せられるのですね。

 

自転車ダイエットをするメリットは

自転車ダイエットがジョギングと違って良いとされることは、疲れにくい以外にも体への負担が少ないことも挙げられます。膝や腰への負担が少なく、故障しづらいのです。よほど張り切って長距離を走らない限り、筋肉痛にもなりません。また、普段の通勤や通学を交通機関に乗らず自転車で通うことによって交通費の節約にもなります。

 

自転車ダイエットを効率的に行うコツ

以下の点に注意すると良いでしょう。
・ペダルはかかとではなく、つま先で漕ぐやってみると分かりますが、ふくらはぎを刺激します。足痩せに効果的です。
・足首を動かさずに漕ぐ

 

ペダルを漕ぐときに、同時に足首もくねくねと動かしていませんか?足首を痛めないためにも、足首はしっかりと固定する気持ちでペダルを踏みましょう。辛くなく、続けやすいし、健康にもいいので自転車ダイエットはお勧めですよ!

 

自転車に乗れない人はどうすれば・・・

 

 

自転車ダイエットで最大の敵は自転車に乗れないことではないでしょうか。そして、自宅が坂道ばかりで平地がないということも考えられますね。こういった自転車に乗るのは無理という方には、エアロバイク(フィットネスバイク、マグネットバイク)がおすすめです。⇒エアロバイク一覧

 

昔の家庭用エアロバイクはベルトを使用して摩擦によって負荷をかけるタイプが多かったので、音が思いのほか大きいのが難点でした。しかし、改良されて家庭用でもうるさくない磁気を使用したタイプになっています。

 

価格も1万円程度から販売されていますし、運動強度を変更できたり、自動でプログラム変更するものもありとても使いやすくなっています。自転車と違って外に出る必要がないので雨の日でも運動がしっかりできますね。しっかりとしたものを選ぶならcombi製がよいそうですよ。

 

この自転車、エアロバイクを使った運動を行うデメリットがありました。書き忘れるところでしたが、なんとお尻が痛くなります。。。圧力がかかるのでサドル部分にクッションや座布団を置くとか、何らかの対策を必要です。あと、痔の心配がある場合はほかのダイエットをしたほうがいいと思います。

痩せ方・ダイエット方法、自転車ダイエットのススメ記事一覧

芸能人がこれをやって効果があったなど宣伝している方法に、マイクロダイエットというものがあります。CMや雑誌などでよく見かけますが、こちらは食事をドリンクに置き換えて、摂取カロリーを抑えることで痩せることを狙う方法です。栄養バランスは考えて作られているドリンクなので、これを食事に置き換えても栄養バランスは摂れるということになっています。一番効果のある方法としては、昼食、夕食をドリンクに置き換えて、朝...

朝食を果物のみにする簡単な方法で、ローフードダイエットの一種です。ローフードがなぜダイエットに良いかというと、酵素を摂ることでデトックスでき、体の機能が活性化するからです。酵素は48度の熱で死んでしまうため、生で食べられる果物が向いています。また、消化が早い果物を食べることで、今まで消化に費やしていた体内の酵素を代謝に回せるからです。朝に食べると良いのは、中医学などで、朝は消化・代謝の時間帯とされ...

半身浴とは、入浴時に浴槽内に座った状態のみぞおちの辺りまで38度〜40度のぬるま湯を溜めて、30分〜1時間ほど入浴する方法で、汗をかいてデトックス効果があるのでダイエットの方法として人気があります。半身浴ダイエットで心がける事は、入浴中汗が出てくるので水分補給を必ずする事だけです。水分補給が充分にできていないと脱水症状になってしまう可能性があるので、これだけは忘れず行ってください。ぬるま湯に30分...

ダイエットを開始しても、思うように結果が出ないと途中で断念してしまう方は非常に多いのですが、ダイエットは自分に合わない方法だと苦痛を感じてしまうので、出来るだけ自分に合った方法や苦痛を感じない方法で行う事が大事です。中でも一番簡単なのに効果が出やすいダイエット法としてレコーディングダイエットがあるのですが、これは毎日自分が食べたものを細かく書き記していくだけのとても簡単な方法なのです。なぜこんな簡...