健康的に痩せるためのダイエット方法いろいろ

健康的に痩せるためのダイエット方法いろいろ

 

ダイエットのことに集中できないという忙しい人でも椅子に座ったままで足を動かすなどのエクササイズをしている人もいるという噂も耳にします。やればできるといわれても、大抵の人がオフィスや学校でそういった運動をするのは難しいですよね。ちょっと恥ずかしいですし。

 

通勤通学がない場合は運動不足になってしまうことも大いにあります。やはり体を動かす時間が少ないと筋肉が少なくなり代謝も低下することで、痩せにくく太りやすい体質へ変化してしまいます。

 

健康に痩せる食事とは?

 

カロリーばかりを気にしても体重は思うようには減少していきません。分かってはいてもカロリーはダイエットをする時に、どうしても意識してしまいますし、カロリー過多になればもちろん太ってしまいます。

 

カロリーオーバーにならないためには、食べ過ぎを防ぎ、血糖値の急上昇を抑えるために食物繊維を多く摂取するなどの工夫が必要ですね。食物繊維が多い食べ物は、こんにゃく(食べ過ぎは腸ねん転の危険があるので適度に。)や、ごぼう、大麦などがあげられます。

 

また、食物繊維を食事の初めに食べることで脂肪などの吸収も少なくするそうですから、まず生野菜、サラダや酢の物などを食べてからご飯やそのほかのおかずを食べ始めるといいでしょう。

 

また、白米は血糖値が上昇しやすいですので、発芽玄米を混ぜるとか、押し麦(大麦)、雑穀を混ぜることで総合的にGI値を下げることにつながり太りにくくすることができます。

 

生キャベツ1//6個を大きめザク切りにしてそのまま3度の食事前に食べつくして、満腹感を得るという方法も吉田俊秀先生(京都府立医科大学臨床教授)がすすめるダイエット方法というのでテレビでも紹介されたのでご存知の方も多いのでは?

 

このダイエット方法に似ているものとして「食べ順爆発ダイエット」がありますね。お笑い芸人のビビる大木さんもこのダイエット方法でそうとう痩せたようで、書籍の帯にもコメントを寄せていました。この痩せ方はキャベツだけにこだわらず野菜を先に食べきってから、ほかのおかず→たんぱく質→炭水化物という順に食べるというものです。

 

激しい運動を1時間しても300kcal程度しか消費できないので、早く痩せるためには食事制限はどうしても必要になってきます。ただ栄養が偏るような無理な食事制限は、体調を崩してしまう可能性もありますからしないようにしましょう。

 

健康に痩せるための食材

 

無理なくダイエットを行うために健康効果があるといわれている食材がよく話題に上がりますね。記憶にあるだけでもココナッツオイルや、オリーブオイル、アマニ油、クルミ、黒酢、ゴマ、スキムミルク+ヨーグルトなどが多数にわたります。

 

単一のものを食べて痩せるリンゴダイエットやバナナダイエットも流行ったことがありますが、ごく短期間であれば有効な方法でも1週間以上続けるとなると栄養バランスが崩れてしまうので推奨はされない方法です。

 

健康にいい、ダイエットにいいという食材を日々の食事に取り入れることはよいのですが、そればかりに気を取られて偏りのでないようにバランスよいレシピを考えていきましょう。

 

赤身肉を食べるカルニチンダイエット

 

赤身肉を食べるカルニチンダイエット

 

これまで、

  • ダイエットするなら肉を食べない
  • 徹底的に油を抜く(鈴木その子ダイエット)

というダイエットは多くて、脂肪をたくさん取ると太るから抜くとか、白ご飯抜きという方法は王道のように言われた時期もありました。しかし、栄養のバランスや痩せるため、太りにくくなるための成分を取った方がいいという観点から肉を食べるダイエットが目立ってきました。

 

牛の赤身肉にはL-カルニチンが多く含まれているため脂肪を燃焼しやすく代謝が下がっている中高年のダイエットによいというものです。霜降りなどと違って脂身の少ない部分を選ぶのが重要です。

 

ステーキダイエットというダイエットも油の少ない部分をステーキで晩御飯に食べるという簡単なもので、夕飯には炭水化物などは抜き、ほぼ肉だけを食べるという方法です。

 

低炭水化物ダイエット

 

低炭水化物ダイエット

 

糖になる炭水化物は食べないという低炭水化物ダイエット。しかし、炭水化物を少なめに食べる「低炭水化物」ではなく全く食べない炭水化物抜きダイエットも有名な方法ですね。米を食べる日本人には効果が高いとされてきました。

 

しかし、この炭水化物を取らないというダイエットですが、炭水化物の摂取量がいつもの量の1/3〜半分までに落ち込んでしまうと、ケトン体という物質が体内に発生してきます。このケトン体はどういった働きをするのかまだ解明されていないのですが、ケトン体が出始めたころから、急激に体調が悪くなるようです。

 

パンやご飯、パスタ、麺類を日々のエネルギーとしてメインにしているのは糖尿病なども心配ですから少なくしていく必要がありますが、極端なほど摂取量が少なくなると健康を害する恐れがありますから、ご飯は少な目にするという意識でこのダイエット方法を進めていくといいでしょう。

 

健康に痩せるための運動

 

健康に痩せるための運動

 

体についてしまった贅肉を落とすために一番有効な方法は有酸素運動ですよね。マラソンや、ジョギング、エアロビクス、水泳、自転車運動などに代表されるもので10分、20分と続けることができる運動の事です。

 

筋トレですと代謝アップにつながり、太りにくくなりますが、「今、痩せる」「早く痩せる」のであれば有酸素の方を選択すべきでしょう。単調な動きの運動が多いので運動嫌いの方には辛い有酸素運動ですが、ダンスや音楽に合わせたワークアウトを取り入れることで時間を短く感じることもできます。

 

脂肪燃焼に向けたダンス、ワークアウトを指導してくれるDVDやyoutubeなどで無料で見れる動画などもありますから、走ったり、歩くのが面倒という場合は一度試してみるのもいいと思いますよ。

 

 

流行りの置き換えダイエット

 

流行りの置き換えダイエット

 

主に健康面ではなくスタイルを気にする若い人に人気なのが置き換えダイエットです。そのやり方は朝食だけをダイエット食品(シェイク、ジュースなど)に置き換えるというもので、栄養バランスを考えて作られているので理論的にはとても理想的なダイエット方法のように思えます。

 

しかし、満腹とまではいかなくても満足できるところまでご飯を食べられないというのは、とてもストレスになります。このストレスはリバウンドでさらに太ってしまうという状況に陥りやすいのでできるだけストレスフリーなダイエット方法を選ぶ必要があります。

 

1度、リバウンドしてしまうと代謝が悪くなっているので、元の体重よりもはるかに太ってしまうことが多くて、ダイエットを繰り返すたびに太ってしまうことになりかねません。

 

また、置き換えタイプの酵素ダイエットは早く痩せられるという口コミで人気が出ましたが、こちらの方法は1日断食という感じで進めていくもので、意外とお腹がすかなかったという感想も聞かれますがストレスの多い方法になります。

 

健康的に痩せるためにはイライラしないストレスのない方法で痩せることが一番大切なことなのです。ストレスのないダイエット方法でおすすめなのがお茶を飲むダイエットです。⇒ダイエットに役立ってくれるお茶はこちら。

 

水分を多く摂ることで代謝も良くなり、便秘解消の効果も期待できます。食事前に1杯、食事中にまた1杯。毎日のお茶をダイエット茶に変えるだけでストレスフリーなダイエットに成功できるでしょう。

おすすめのダイエット茶


売れているおいしく飲むだけで痩せるお茶。食事中を中心に1日に数回に分けて飲むのが効果を高めるポイントです♪