ダイエット茶はどんな種類がある?

ストレスをためにくいので減量後のリバウンドの可能性が低いといわれているダイエット茶を飲むというダイエット方法ですが、一言でダイエット茶、ダイエットティーといってもすべて同じ成分を摂れるわけではありません。

 

お茶の元である茶葉はたくさんありますが、抽出したお茶の色や香り、どういった健康効果が期待できるのかなどもすべて変わってきます。

 

このページではダイエットにいいといわれている代表的なものを紹介しますね。

 

緑茶

トクホでもこの緑茶を使用しているものが多く、健康によいといわれているお茶です。飲むだけでなく洗顔料、化粧水などにも美容成分として配合されているものもあります。茶カテキンが豊富で体脂肪が増えにくくなるといわれています。

 

ウーロン茶(烏龍茶

日本で一番有名な中国茶ではないでしょうか。脂肪の吸収を抑えるといわれていてダイエットには欠かせないお茶で、あっさりとした味で飲みやすいのも特徴です。メタボのためのトクホドリンクも販売されていますよね。

 

プーアル茶(プーアール茶)

中国本土ではウーロン茶よりもダイエット効果があるというので人気のお茶です。烏龍茶よりも発酵が進んでいます。こちらも脂肪吸収の抑制効果があるとされていて油っこい食事には欠かせないそうです。

 

ごぼう茶

アンチエイジングに効果が高いとテレビで紹介されて一気に人気になった美容のためのお茶です。抗酸化成分や水溶性食物繊維、ポリフェノールが多いといわれていて、自分でゴボウから手作りすることができます。

 

杜仲茶

杜仲茶は中国原産の落葉樹から作られるお茶で不老不死、長寿のお茶として知られています。もともと、健康茶として飲まれてきた杜仲茶ですが知らず知らずのうりに痩せていたなどの口コミからダイエット向けのお茶としてテレビなどでも取り上げられ人気となりました。肝臓を活発にさせることでダイエット効果が見込めます。

 

 

こういったダイエット茶を飲むことで水分が十分に取れるので、これまで水分不足で便秘気味だった方が快便になったり、利尿作用でむくみが取れたりと脂肪が減少することとは別にダイエットをサポートしてくれる働きもあります。

 

お茶の種類はとても多くありますが、これからも健康に良いお茶は海外などから持ち込まれたりとさらに増えてくるでしょう。ダイエット茶を選ぶときにはまずちゃんとした安全管理下で製造されているメーカーのものを購入することを心がけてくださいね。

 

同じお茶でも味が違う?

 

同じお茶でも味が違う?

 

同じ種類のお茶でも茶葉、製法などによって味に大きな違いが生まれてきます。1度飲んでまずいからやめようと思わずに、違うメーカーのものも試してみるといいでしょう。特に味にうるさい方は、初めて購入するお茶はあまり大容量でないほうがいいかもしれません。

 

ウーロン茶、緑茶はまずハズレのない場合が多いです。緑茶であれば、玉露などの種類があったにしても飲む前に大体の味が想像できるからです。ウーロン茶もペットボトルのものを買っても、自分でお湯から沸かしてもそれほど違うはありません。

 

ただ、中国や台湾旅行のお土産でもらったというのは、日本で加工されていないので味が均一でないことがあります。茶葉は中国産でも日本で加工されたティーパックなどのお茶だと、農薬の検査から発酵具合などの確認きっちり行われていますが国内産でない場合は、日本人好みでない味のことがあります。

 

杜仲茶は緑茶のような厚みのある茶葉ではなく、大きな落葉樹の葉を使用していてその製法も他のお茶とは違うことも多いことで、メーカーによって味が全然違うことがあります。臭いも強いメーカーや渋み、苦味があるメーカーまでありますから、こちらも気に入らない味なら違う商品を試してみる価値はありますよ。

おすすめのダイエット茶


売れているおいしく飲むだけで痩せるお茶。食事中を中心に1日に数回に分けて飲むのが効果を高めるポイントです♪